ヒゲの永久脱毛について

"ヒゲを永久脱毛する時には、必ず慎重に決断をしてから実際に永久脱毛を実施するようにしてください。
一度永久脱毛をすることにより、その場所からヒゲは二度と生えてこないので注意が必要です。
管理人も今現在ムダ毛のことで悩みを抱えており、脱毛器を使用して処理をしています。
これまで数多くの脱毛器を使用していますが、実際に効果を実感出来たのは一握りだったのです。
最近では汚いヒゲを伸ばしたくない、ヒゲを剃るのが面倒だと考える男性が多くなってきています。
メンズエステや皮膚科などを利用し永久脱毛をする男性が年々増えてきている傾向にあります。

 

ヒゲの永久脱毛をする人の多くは仕事柄ヒゲを伸ばせない人が圧倒的に多くなっています。
ホテルマンや美容関連のスタッフなどは永久脱毛をすると後々便利かもしれませんね。"

神戸 賃貸おすすめ
神戸 賃貸は
http://www.houseplanning.net/



ヒゲの永久脱毛についてブログ:19年11月14日

幼かったむすめが大好きだったもの、
それはオレの「耳たぶ」。

甘えたい時、眠い時、不安な時…
いつだってむすめはオレの耳たぶを求めた。

小さく温かい指で触れられると、
とてもくすぐったかった。
それでも、何だかほんのり心地良くって、
ついついオレの方が先に眠りこんでしまうこともしばしばあった。

ある晩のこと。
いつもむすめの右側で寝ていたオレは、
たまたま左側で眠っていた。

むすめが動く気配で目が覚めると、
むすめが右側にいる主人の方に転がっていくのが目に入った。

そして主人の耳たぶを触り始めたのである。
あれ?と思った瞬間、むすめの手がとまり、
目がはっと見開かれるのが分かった。

右、左、ときょろきょろ頭を動かすと、
あわててオレの方に寄ってきて、
耳たぶを触り始めたのである。

むすめは、オレと主人をまちがえたのだ。
でも耳たぶの感触ですぐに気づいたのだろう。
安心しきったむすめの寝顔を見ながら、思わずふきだしてしまった。

むすめに耳たぶをゆだねている時は、
なぜか母乳をあげていた時と同じ気持ちになれた。

求められる嬉しさ、ママとしての喜び、
無垢な優しさがじんわりと胸に広がっていく…

けれど、むすめはオレの耳たぶを卒業してしまった。

遠慮がちに触っているなぁと感じるようになったある晩、
触りやすくしてあげようと頭の向きを変えた時、
むすめの指がふと離れた。

そしてそれ以来、
むすめの指がオレの耳たぶに触れることはなくなってしまった。

「耳たぶなんて覚えてないよ」と八才になったむすめは笑う。

それでも、オレは決して忘れないだろう。
あの頃耳たぶに感じていた小さなぬくもりを…
ささやかな幸せの一時を…